求人を見ていると、多くのお店でパートの募集を見かけます。これなら簡単に自分でも採用をしてもらえるのではないだろうかと思う方も多いですが、やはり仕事をしてもらうわけですから一定基準をクリアしていないと合格する事は出来ません。インターネットや電話などで応募の問い合わせをする事から始まりますが、その段階からきちんと敬語が使えて話が出来るかどうかなどもチェックされています。飲食店やアパレル、いろんな業務がありますが、特に電話での応募だと繁忙時間帯を避けたりするなどの配慮も必要です。とにかく応募してしまえば何とかなると思いがちです。事前の準備をして応募をし、面接の日程を整えて当日に挑む事で合格しやすくなりますので、しっかりと求人内容を見直してから応募をしましょう。

応募の流れを確認しておく事も大事

パートでいいなと思える仕事があったらすぐに応募したいと思ってしまいますが、まずはどのような流れで採用までを確認しておきましょう。求人を見つけ、応募をし、面接の日程を組んで、決められた日程で合否がもらえる事もあります。特に重要なのはまず応募です。勢いだけで電話をして何もメモに取らず、いつ面接に行くのか、そもそもどこに行けばいいのかというような事態に陥る人もごく稀にいます。最初の段階では、面接の日程を取り付けるだけではなく、どんな仕事に応募をしているのか、週に何回仕事が出来るのかというようなことも簡単に聞かれますので、メモや求人内容をすぐに見ることができるようにした状態で電話をすると、途中で詰まったり慌てずに話が出来るのでスムーズに進めていくことができます。

面接に挑む前には何をしておくべきか

パートであっても、やはり採用してもらう前には面接を受ける事になります。どんな職種であっても、一般的な身だしなみを整えておく事は非常に重要です。面接の時には質問をされるので、応えられるように事前に自分で答えをある程度考えておく事と、必要に応じてメモを取れるように筆記用具も持参しておくといいでしょう。質問は主に交通経路や前職があればそれについて、そして志望動機などが主に聞かれやすいです。最後には質問はないかどうか聞かれる事もありますが、シフトなどでもう一度再確認しておきたい事があれば聞いておいて下さい。緊張すると思いますが、出来る限りリラックスをしてゆっくり慌てずに話すように心がけてみましょう。きちんと自分の意見を前向きに言えるようにして挑んで下さい。