子育てが一段落したら、主婦は急に自分の時間が増えることになります。子供が大きくなるにつれてお金がかかることが多くなるので、パートに出て少しでも家計を助けたいと思うのは当然のことです。しかし、「これから働きます」と言っても、すんなり採用されるとは限りません。外で仕事をすることを決めたのならば、採用されるためには事前にそれなりの準備が必要です。まず、自分が自由になる時間を把握することが肝心です。何曜日の何時から何時までならば働くことができるのかをしっかり頭に入れておきましょう。面接時に土日は働けるかと聞かれて、「家族と相談しなければわかりません。」という回答はNGです。パートはいつ働けるかということが重要視されるので、事前に家庭内で仕事ができる時間については相談しておくべきです。

緊急時の子供の預け先はどうする?

いくらパートとはいえ、しょっちゅう休むことになれば雇用する側も考えなければなりません。特に不可抗力とはいえ子供の急な発熱や伝染病で何度も仕事を休むことにことになると、自分の業務が滞るだけでなく、一緒に働く同僚に迷惑をかけてしまうことになります。ですから働きに出る前に、そういったことを想定し、事前に対策を練っておくことは非常に重要なことです。面接の際にも子供が病気になったらどうするのかと聞かれることは少なくはありません。そんな時に近居の両親に来てもらえたり、ファミリーサポートを利用する旨をすぐに答えることができれば、面接官に好印象を残すことができます。雇用側にとっては、小さい子供の病気というのは想定内のことではありますが、その時にどう対処できるのかが採用のカギとなります。

大事なことは周囲に協力してもらうことです

もうひとつパートで採用されやすくなるカギといえば、土日や祝日に働くことができるかということがあります。特に家族や小さな子供がいる家庭では、土日や祝日は働けないという人が多い中、たとえ隔週でも土日のシフト入りが可能となればそれだけでグンと採ってもらえる確率は増えます。ここで必要となるのが家族、特に旦那さんのサポートです。普段仕事で滅多に子供と顔を合わせることがないという人にとっては、妻が不在の週末の数時間は子供と遊んだりゆっくり話を聞いてあげられるので、逆にチャンスにもなるのではないでしょうか。家族みんなで協力し合うということは兼業主婦にとっては不可欠なことです。外に働きに出る計画がある家庭は、まず夫婦でしっかり緊急時の子供の預け先や家事分担などの話し合いをすることが大切です。